栄光の人

11月は、ものづくり総合技術展へGO!

11月7日(木)、8日(金)、9日(土)に高知ぢばさんセンターにて開催される、ものづくり総合技術展に今年も出展します。昨年の様子と、今年の展示についてご紹介しますね。行ってみたくなること間違いなし!

 

高知県内で「ものづくり」に携わる様々な事業者が一同に会すこの展示会は毎年、県外から商談に来られる企業の方、就職先を考える学生、社会見学としてお子様連れで来られるご家族など、多くの人でにぎわいます。

 

昨年、当社は2つの催しをしていました。ひとつは昇降機のミニチュア版の展示です。当社が手掛けるOEM完成品です。これは、物流センター内で商品を載せて流れてくるコンテナやパレット持ち上げたり降ろしたりする機械で、実物は数メートルにもなる大きさです。多くの方が足を止めて、この動くミニチュア模型が一生懸命(?)働く様子を楽しんでくれました。

 

もうひとつは、「踊るものづくり」ムービーのダンス投票です。約2分でバーチャル工場見学ができる動画なのですが、設計から様々な製造工程を経て、塗装と組立をし、完成品がトラックにのって出荷されていくまでの過程を、各部門の社員によるダンスとともに紹介しています。このムービーをご来場者の皆さんにご覧いただき、登場する4つのダンスからお気に入りのパートに投票していただきました。総投票数は437票、接戦を制したのは・・・

 

せっかくなので、このブログをお読みの皆さんご自身で動画をチェックして、お気に入りを見つけていただくことにしましょう♪

 

さて、次は今年の展示をご紹介しますね。今年はOEM完成品ではなく、当社がオリジナルで開発している機械の模型を展示するんですよ。これまで産業廃棄物になっていた、ユズオイルの抽出残液とヒノキオイルの抽出残材を利用することにトライする機械です。

 

出展概要

詳しくは以前「製造業がつなぐ、農業×林業」の記事でご紹介しているのでチェックしてくださいね。

もちろん、実物はものづくり総合技術展でチェックしてください!そして、当日ブースで皆さんをお待ちしている設計開発部の社員に、試行錯誤の過程を聞いてみてください!

記事一覧に戻る

栄光の人