設計開発・加工事例

何つくってるの?第4弾【梱包機】

シリーズ「何つくってるの?」第4弾は梱包機です。

 

ベルトコンベアで運ばれてきた、数列に並んだ商品を、段ボールや袋に詰める機械のことです。シリーズ第3弾でご紹介した振り分け装置の後に登場する機械です。

 

当社では、インスタントラーメンやペットボトルのジュース、缶ビール、ペットフード、おむつといった、食品や生理用品など多岐にわたる商品の梱包機をつくっています。

 

幅7m、奥行1.5m、高さ2.5mという大きさのものもあり、10tトラックをまるごと占領して輸送する迫力ある機械なんですよ。部品数は2500点に上ります。

 

ここで、組立部門の工夫をひとつご紹介します。

 

膨大な量の部品ですが、これらを効率よく組み立ていくために治具をつくることです。

 

たとえば、同じ部品を100個ずらりと並べて配置するような場合、10個ずつのセットで取り付けられるような治具を使うことで、ぐっと効率アップできるんですよ。

 

こうした治具の考案は、以前こちらの記事でご紹介したC・C賞(チェンジ・チャレンジ賞)の表彰候補にもなります。効率アップについて、日々、従業員ひとりひとりが考え、行動するという文化が根付いています。

 

工場見学・インターンシップのお知らせ

 

当社では、3つの工場を90分で巡る工場見学を随時行っています。どなたでも、1人からでも大歓迎です。また、現場を体験するインターンシップも行っています。日数や興味のある職種について相談し、ひとりひとりに合った内容で体験していただいています。

 

お問合せフォームからご相談、お待ちしています!工夫の散りばめられた工場をぜひ見に来てくださいね。

 

記事一覧に戻る

設計開発・加工事例