働く環境

若手女性も製造現場で活躍

ものづくりで楽しいのは、やればやるだけ技術が身につくのが実感できるところ。先輩たちのように、どんな形状の製品もきれいに溶接できるよう日々挑戦を繰り返している。毎月ひとり1案の改善提案とその表彰制度があるから、社員の様々な工夫で、現場が良くなっていくのがおもしろい。どんどん変化する工場にぜひ見学に来てほしい。

転職後、再び栄光工業の仲間と

新卒で入社後、一度転職し接客業を経験した後、栄光工業へ戻った。他業種を経験したからこそわかる、ものづくりならではの日々腕が磨かれていくおもしろさと、仲間の結束力の強さ。現在は「上司」の枠を超え、お兄さん的魅力でチームを率いている。毎年、新卒生がチームに入るたび、先輩となった若手社員がぐんと伸びる。そんな部下の成長が何よりの喜び。

仕事も子育ても全力!

女性社員全員が参加する「撫子会」では、様々なライフステージにおいて働きやすく、助け合いやすい環境を自らの視点で考えている。また、野球部を始めとする複数の部活動では、役職や部署をこえたつながりや、地域との関わりがつくられている。元気に働ける環境づくりの提案を、スピード感をもって全社で実行し、常に変化させている。

社内起業制度で叶える職人の夢

技術を磨いた先に、腕一本で独立するという選択肢は、職人の夢。「管理職に出世」することだけが目指す生き方ではない。社内起業制度は、工場内のスペースや設備貸与のバックアップを受け、開業資金をおさえて独立できる仕組み。現在では、9社が栄光工業のひとつ屋根の下に、開業している。働き方・生き方を考え、その実現を支援する風土と仕組みが魅力。

採用の流れ

まずは工場見学を通して、職場、職業の理解を深めていただきます。
弊社の採用は一斉の面接日は設けず「一人一人の人柄に合わせた」ミスマッチの少ない採用と配属を行っています。

フォームからお問い合わせ後工場見学をしていただき、数回の面接・適性診断テストを経て内定となります

求める人材

代表メッセージ

創業当初は、プレスと溶接しかできない会社でしたが、今では、設計開発から完成品まで一貫生産する金属総合加工企業となりました。現在は、第4工場の建設も視野に入れ、さらに生産体制を強化することを目指しています。このように、永続発展をするためには、会社は常に変化していかねばなりません。会社の成長を自分の成長と重ね合わせながら、変化を楽しめる人を求めます。夢のある会社をともに作り、ともに幸せを勝ち取ってまいりましょう。

代表取締役社長
中山博之